クエストからROの世界を考える。その1(9/15)

木曜に一時帰省するよ。えるどです。こんばんつぁ。ちょっと実家に用がありまして。ちょうど嫁が出張でして。せっかくなので友達とご飯食ってくる予定です。お盆の時は時間なさすぎて会えなかったしネ。それに伴ってまた更新サボるかもしれないけど、気にしない方向でノノ


さてタイトルの通りでございますがっ・・・!
いろんなクエストが実装されて、らぐなの世界もいろいろと変わっていっているわけです。
で、個人的にまとめてみようと思ったり、他の人の意見があればそれはそれで面白いなと思ったりした次第でございます。

クエストのネタバレを含みますので、やってないクエストがお有りの方はご注意ください。
やってある方はやってある方で話端折り過ぎ!とか思っても生温くスルーしてあげてください。


では進めます。









ルーンミッドガッツ編。

主な関連クエスト:
歴史学者・ダンデリオンの依頼・修道院(名も無き島入場)・魔王モロク討伐・王位継承


第36代国王トリスタン3世の第一王子、第二王子、第三王子は王家に伝わる呪いと、それに伴う解呪の失敗で死去。(歴史学者)
そして解呪を命じたトリスタン三世は、アルナベルツに連れ去られ帰らぬ人に。(修道院)
そんな中、一度は阻止した魔王モロクの復活の儀式(ダンデリオンの依頼)により、揺らいだ封印を破って魔王モロクが復活。砂漠の都市モロクは壊滅的なダメージを受ける。バーロックを隊長として組織された討伐隊コンチネンタルガードにより、痛手を受けた魔王モロクは次元のはざまへとその姿を隠す。(魔王モロク討伐)
プロンテラでは次期国王任命のために、7つある王家からそれぞれの王子が選出され、審査を受けていたが、バルター家のアイゼン・アルムは、自らの家門の不正に悩み、自分の夢をゲオルグ家のエルンストに託して自害してしまう。(王位継承)


気になること。
死んじゃった3人のトリスタン3世の息子って、どの家門の子・・・?
王位継承クエストやった時の各王子の反応って、あっさりしてるから知らされてないのかしら?
こんな大荒れの中でも自国の利益を優先しようとする異世界担当の方々には本当呆れるというか。
そーいや、ゲオルグ家は始祖のゲオルグさんの直系なのかなー。
他の王家はなんだろ。仲間だろうか?
そーいや、王位は誰がもってくのかしら。本命はエルンストかとは思うけど、結論は出てないのかな・・・。

あ、あとアコライトクエストやると、歴史学者あたりにかかわりそうな発言があるので、余裕がある人はちょっと見てみるとよいかもしれませぬよ。
[PR]
by elfred | 2009-09-15 18:56 | RO考察
<< 発光~そして転生へ~ 99.99(9/13) >>