ねとらじで遊ぼう(11/28)

一年くらいまえからすんごい雑なおこづかい帳をつけてるんだけど・・・11月は今までになくやばい出費だった・・・財布が寒いです。えるどです。こみばんぬ。ぽろぽろと出費が重なると合計とった時に青くなれます。ボーナスは使わないでいるのが吉とみた。

さって・・・今日はろぐいんしたものの、めっせで呼び出されてねとらじの調整に付き合ってたのでらぐなな日記はなっしん。適当に解析とかのっけて終わりにしときます。お察し下さい。


こめんと返信>>

>>-Lotus-さん
さららんめっ・・・・!_| ̄|○
標準価格は300zですYO?


>>カティーさん
廃ぷりのピンクより廃あこのぴんくの方がかわいいと思います。(何


>>死体さん
マウスはでっかいのが好きなのでちっこいのはダメDEATH! 今はマウスパッドの半分がマウスみたいな。まぁ、荒療治で狩りに逝きまくってれば慣れるかと。

マイク、そんなに高くないから買ってもたかが知れてるかと。うちの今使ってるヘッドセットっぽいの、マウスより安かった気がする。ま~・・気が向いたらでいいんでない?w







あなたの一億年物語


えるどの一億年物語


今から約20年後の事である。
慣れ親しんだ地、長野になんとなく訪れたある夏の日。
とある民宿に宿を取り、時間を過ごしていた。

「やっぱ太っちゃうと汗ってでやすいな~、痩せないと健康に悪いし。しかし暑い。」と感じたえるどは窓を開け、外の風を招きいれた。その風に涼みながら軽く昼寝を楽しむことにした。

これがすべての始まりであった。


窓から入った蚊が最近たるんできたなって感じてる下腹部に跳び付くやいなや血を吸ったのである。そして満腹になった蚊はフラフラと飛んでいった。そしてその蚊は側にあった大木で体を休めていると、大木から樹液があふれ出し、その中に閉じ込められてしまったのである。


時は経ち1000年後。

ジュースを買おうと思って自販機にお金を入れようとしたら下に落としてしまい、自販機の下をあさっていたら琥珀色の塊を見つけてしまう。
「こ、これは・・・」
その塊の中には閉じ込められた蚊が。
そう、この見つけた人間こそ、西暦2500年の時に2500円紙幣が発行されたが、微妙に使いにくいって事から普及しなかったお札の人物画で知られる事になる遺伝子研究者だったのである。早速研究所に持ち帰り、その塊の中の蚊から遺伝子を取り出す。そして単細胞生物にその遺伝子を組み込み、成長を観察する事に。



<その時の姿>

画:ゆうくん(4歳)
画像どっかいった。


よしこの生物の名前は・・・・「カンピロえるど」と命名しよう!


その時、大きな地震が!えるどの遺伝子「カンピロえるど」が組み込まれたトレイは落ち、培養液ともども下水に流れ込んでしまった。
「あ!これがママにばれたら怒られちゃう~」



時は経ち1万年後

下水に流れ込んだカンピロえるどは分裂により世代交代を繰り返し進化していた。単細胞生物から多細胞生物への進化を遂げていたのである。



<その時の姿>

画:ゆうくん(4歳)
だから画像は(ry


ちなみにこの頃の一番の好物は梅干入りのお弁当で、梅干があったところの、ほんのり赤くなってるご飯であった。



時は経ち10万年後

梅干入りのお弁当で、梅干があったところの、ほんのり赤くなってるご飯を大量に食してきたカンピロえるどは急速な進化を遂げる。新種の小型生物の誕生である。

<その時の姿>

画:さっちゃん(4歳)
だから(ry


この時のネーミングは「えるどおつまみ虫」であった。


印象深い出来事として、お正月映画として上映された「えるどおつまみ虫物語」が大ブレイク。数多くのグッズが商品化され、中でも人気はえるどおつまみ虫ストラップが売れに売れ、女子高生の大半が携帯に付けるなど流行になったりした。


更に時は経ち100万年後

えるどおつまみ虫は劇的な進化を遂げる。姿かたちは大きく変わりその特徴は、移動スピードの速さは屈指。そして鋭い眼光、バツグンの嗅覚、長い牙を併せ持ち、様々な生物を威嚇する。
俗に「えるど家のタマ」と呼ばれる生物である。


<その時の姿>
画:まーくん(5歳)
いいかげんしつこ(ry


そして1000万年後

地球上の生物が絶滅の危機に瀕する出来事が起こったのである。宇宙のかなたより巨大な氷隕石が飛来し、地球に氷河期が訪れたのである。この絶滅の危機にえるど家のタマは、兼ねてより準備していた秘策をもって乗り切る事ができたのである。

ちなみにこの秘策は、21世紀初頭頃にみな(14歳)が大好きな先輩に渡そうと思ったけど結局渡せず、冷凍庫に保管され続けた手作りのメッセージ入りバレンタインチョコをヒントに知ることが出来た貴重なものであった。

表と裏の顔を併せ持つ生物といったらえるど家のタマが最もそれに相応しい。

普段は人間のペットして振る舞い、1人になったときにその本性が表れる。
電話、ネットを駆使し仲間と連絡を取り合い、秘密口座の資金を運用していくことで、高級マグロなどを手に入れて食するのである。
・電源を切って出かけたはずなのに帰ったらPCの電源が入ってる
・電話代が予想よりも高い
・えるど家のタマの食欲があまり無い
・一緒に居るときは寝てばっかり
などの事例があまりに多く、おかしいと思った飼い主は隠しカメラを仕掛けて撮影に成功。
えるど家のタマのホントの姿が明かされる事で身の危険を感じたえるど家のタマ達は、野良猫のふりをして外で生活をしていく事を余儀なくされたのである。


えるどの遺伝子レベル
生命力 42
知力 67
運 42
遺伝子ランク B


えるどさんの遺伝子の未来、いかがでしたか?
えるどさんにとって納得のいくものだったでしょうか?

納得がいってたまるか!!!!!!
[PR]
by elfred | 2006-11-29 00:13 | それ以外。
<< 一週間ぶり(11/29) すかいぷで遊ぼう(11/27) >>